キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<準備編>

空港で現金の一部をユーロに両替

写真

ガイドブックやインターネット上の情報を眺めながら結構悩んだのが、お金をどうやって持っていくかということ。普段は、あまり多額の現金を持ち歩きたくないという理由から、海外ATMでの引き出し(PLUS)ができる新生銀行のキャッシュカードとクレジットカードのキャッシングにもかなり頼っているのだが、ガイドブックのほうに「機械故障でカードが出てこないことがあるので、あまりすすめられない」ともありちょっと悩んだ。

実際、別の国でだが、海外旅行中にATMにカードを飲み込まれてしまい焦っている人を二度見たことがある(翌日ちゃんと銀行で返してもらえたので問題はなかったけど)。

また首都ハバナ以外で、円を換金できる場所が限られるということで、円以外のユーロもしくはカナダドルの現金も用意していったほうが安全な模様とのこと。

●キューバ実用マニュアル 旅行編

最終的に参考にしたのはこのサイト。少し前の情報ではあるが複数の人の実際の両替レートも含む体験談が記載されていて非常に役立つ。

写真

結局、24日間の滞在費用として持参する現金20万円のうち約5万円分を日本でユーロに換金し残りを円現金で持参。さらに保険としてVISAクレジットカードと円T/Cを持っていくことにした。

写真

両替は羽田国際空港の両替所で。
この日(2015年3月2日)のレートはこんな感じ。

1ユーロ=140.39円
1カナダドル=109.28円
1米ドル=124.74円

400ユーロ(56,156円)分を両替した。
実際に現地での両替事情がどうだったかは、また改めてレポートしたい。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト