離れて暮らす高齢の親の見守りと遠隔サポートのため実家をDIYでスマートホーム化する方法

アースノーマット+スマートプラグで“蚊取線香レス”環境

アースノーマット+スマートプラグで“蚊取線香レス”環境

今年も出てきました・・・蚊が。
母は「蚊取り線香の匂いが好きなの」と、夏はよく蚊取り線香をつけているのですが、今はちょっと危険です。

何かをしていても、途中で忘れてしまうことが多いのです。冷めた珈琲がいつも電子レンジの中に入りっぱなしですし、キッチンに何かをとりにいっても、キッチンについた時に忘れてしまう。

そして手が届く範囲にいろいろなものを置いてしまうので、いつも座っているソファ席周辺がちょっとカオス。蚊取り線香の蓋がちゃんと閉まっていればそう簡単にはボヤ・火事にならないと思いますが、「蓋をちゃんとしめる」途中で止まってしまう可能性も十分あります。

替わりにスプレーを買ってきたのですが、手の筋力が落ちてしまっている母は、この「スプレープシュ」が簡単ではないのです(確かにちょっと硬い)。「これは押しづらいからイヤ」と、また蚊取り線香を探し始めてしまいます。

だったら「アースノーマット」でと思ったのですが、これは今度、ON-OFFを忘れて付けっ放しになるか、消しっ放しになってしまう。

「60日間」使えるというのは、1日12時間使用の場合。付けっ放しだともっとずっと短くなってしまいます。どうしたら、毎日自動でつけたり消したりできるのか・・・

答えはやっぱりこれですよね、スマートプラグ。
壁コンセントや電源タップと、家電製品の間に差し込むことで、スマホからON-OFFしたり、あるいは時間設定や条件設定で自動ON-OFFできるようにするものです。

これを使えば、アプリでON-OFFの時間を自由に設定できます。例えば朝・昼・夕に3時間ずつくらい稼働するように設定し、もしそれ以外の時間帯に蚊がでたりしたら、その時は母が手動でONにすればいいでしょう。

スマートプラグは他にもいろいろなメーカーからでています。

これはAmazonブランドのスマートプラグで、1,980円。SwitchBotスマートプラグもそうですが、Alexaと連携させて音声コントロールすることもできます。

夏なら、扇風機を音声コントロールできるようにしておけば、夜中に目覚めた時にベッドに寝たままちょっと稼働させたりということもできて便利そうです。

使ったことはないのですがとても気になっているのは、3つのAC差し込み口と2つのUSBポートを備えた電源タップ。それぞれ別々に制御でき、Alexaなどと連携させての音声コントロールにも対応しています。

スマートプラグは、電気ストーブなど発熱する家電製品に使ってはいけないと書かれたものが多く(実際気を付けないと危険)、使い道がちょっとなかったりするのですが、夏は結構活用できそうです。

次に実家に戻ったら、アースノーマットを買ってきてセットしたいと思います。