離れて暮らす高齢の親の見守りと遠隔サポートのため実家をDIYでスマートホーム化する方法

SwitchBotで実家リビング照明を音声操作!

SwitchBotで実家リビング照明を音声操作!

実家スマートホーム化の中で大きな課題だったのが、シャンデリア式のリビング天井照明。家を建てた時のものなので設置は40年前です。

天井固定なので照明まるっと交換するのも大変ですし、未確認ですが形状的にリモコン付き電球もなさそうです。

そんなわけで導入したのがこれ。

スマホアプリでON/OFFすれば、アームがにょきっと動き出し、壁のスイッチを物理的に押してくれる「SwitchBotボット」です。

SwitchBotハブミニと組み合わせれば、遠隔地からの操作やスマートスピーカーと連携させての音声操作も可能になります。

大きさは4.25 x 3.65 x 2.4cm。アームが本体に格納された状態になっています。

これをスイッチの脇に貼り付けます。
長年の手垢なのか、スイッチまわりの壁紙が汚れていてお恥ずかしい・・・清掃してからやればよかった。

別途、リビングにはSwitchBotハブミニを設置済みなので、Google Homeとも連携させることができます。

つまりGoogle Homeアプリに「電気」という名前でこのSwitchBotボットを登録し、「OK Google, 電気をつけて」と呼びかければ、壁のスイッチが押され、天井照明がつくという仕組みです。

ここはせっかくなので動画でご覧ください。

78歳で足の悪い母も、ソファから一歩も立ち上がることなく、声で呼びかけるだけでリビング天井照明をつけることができました。

今まで、立ち上がるのが億劫で夕方も暗いまま過ごすことが多かったんですが、これで少しは便利になりそうです。

ちなみにこのSwitchBotボット。同梱されていたピアノ線付きのシールをスイッチ上に張ってアームにひっかけ、アプリ設定で「スイッチモード」にすると、押すだけでなく引っ張る操作も可能になり、ONもOFFもできるようになるそうです。

今度試してみたいと思います。